楽しいときは、あっという間…

2009年6月23日(火)
行って参りました。待ちに待った、ドリカムコンサート。
ずーーーーーーっと、楽しみにしていたライブ。始まってしまえば、あっという間。
e0110226_265964.jpg

いつもは、大学のスキー部仲間で行っていたのですが、今回は中学からの友人、アヤちゃんを誘って行ってきました。原宿駅で待ち合わせ、国立代々木競技場第一体育館へ向かいます。まずは、外のグッズ売り場で、会場限定Tシャツをゲット! 一息ついてから、「ドリしてます?」トラックを記念撮影。だんだん、ワクワクしてきました!
e0110226_275923.jpg

3年ぶりのアリーナ席。
いよいよ、チケット片手に会場へ入ります。20周年にして初ドリだ! と喜んでいたアヤちゃんは、入口の坂をのぼっただけで、鳥肌が立つよ~と興奮気味。これだけ喜んでくれると、誘った甲斐があります。よしよし。さっそく、トイレでTシャツに着替えます。席について、マフラータオルを首に巻き、準備OK! あとは、始まるのを待つだけ。バンドメンバーが位置につきました。

やっと、はじまるぅ~。
早く始まらないかなっ、早く始まらないかなっ、でも、終わって欲しくないんだよな~。
ライブのときは、いつもこの気持ちになります。


待ちに待ったドリカム、吉田美和さんと中村正人さんの登場。
美和ちゃんの歌声に、やっぱり感動。
透き通るような美しい声、ではなく、全身から響き渡ってくるようなこの声が、私は好きです。
「みわちゃ~ん」
「マサさ~ん」
この日は、いつになく声援が多かった。その一声、一声に返事する二人。だからますます声が飛びかう。私も叫びたかったけど、恥ずかしくてできず…。見ているだけでした。

マサさんは毎回、吉田より自分への声援が少ないとすねています。だから男子の声で「アニキ~」なんて呼ばれると大喜び。今回は「ドリカム~」と呼ぶ声もあって、公平さを無邪気に喜ぶマサさんに、会場みんなは大笑い。ファン以外には名前を覚えてもらってないことも悲しいらしく「ドリカムの、男の方です」と自己紹介することもしばしば。もちろんふざけてですけど。曲と曲の間のMCも自虐的な話が多く、聞いてる方はおかしくて、おかしくて、笑っちゃいます。

今回は、20周年のお祝いということもあり、美和ちゃんは歌いまくりの3時間でした。
アンコール含めて、3時間。
こんなライブ、初めてです…。4年に一度のワンダーランド並み。すごすぎ。

ノリノリで、とうとう最後のアンコール。
近づいてきたドリカムの二人に、アヤちゃんも私も、大興奮。
両手をあげて、ジャンプ! ジャンプ!!
「マサさ~ん!」
あっ! いま、目が合った! その瞬間、
「ありがと~う!」
叫んでいた私。声にすると、ますますありがとうの気持ちでいっぱいになった。
目が合ったなんて、こういうときは思ったもん勝ち!
曲が終わっても、まるでありがとうの雪合戦をしているかのように声が飛びかいます。
バンドメンバーひとりひとりに拍手を送り、ドリカムの二人を見送ってライブは終わりました。

終わったとたん、これも毎回、思うこと。
次のライブは、いつかな…。
e0110226_291063.jpg


けいこ♪
by KeikosDream-1515 | 2009-06-29 02:14 | ドリ