人気ブログランキング |

演奏会

9月26日(土)、いとこのサチコの演奏会へ行って来ました。
錦糸町駅近くの、すみだトリフォニーホールまで。
ともだちと待ち合わせて、お花とお菓子のプレゼントを用意して行きました。

サチコの演奏会へ行くのは、初めてです。

小さい頃から、ピアノを習っていたのは、知っていました。
発表会があったとか、音楽の学校に受かったとか、親戚の集まりで聞いたことはありました。
今も音楽の勉強をしている、ってことくらいは知っていました。
でも、どんな想いで、今どんな日々を過ごしているのかは、まったく知りませんでした。

今年の夏、私がお手伝いさせていただいているコンサートに、来てくれたことがきっかけで、いろいろ話すようになりました。いま大学院2年生だということ。卒業論文のために、パソコンで楽譜を書かなきゃいけないから、パソコン買ったんだということ。小学生の頃からピアニストになりたいという夢があるということ。コンサートをみて、自分も練習がんばろうってテンションあがったということ。素直な想いをきいて、応援したくなりました。さっそく、9月に演奏会があるというので、行くことにしました。

演奏者は八人。
ピアノ四人、フルート二人、ソプラノ二人。みなさん、ソロの演奏です。

プログラムを見ると、サチコは前半の最後に、登場することになっていました。
演目は、J.シュトラウス/ゴドフスキー:『こうもり』の主題による交響的変容。
「ゴドフスキーって、人の名前、だよね」
「交響的、変容…。変容、って、なに!?」
クラッシック音楽とは、まったく縁のない環境で育ってきた私には、さっぱりわかりません。

18:30、開演の時間です。ひとりひとり演奏が終わり、サチコの番が近付いてくると、私までドキドキしてきます。チラシには華やかな巻き髪で映っていたサチコでしたが、登場した姿は、ベージュのドレスに、ストレートヘア。ぺこりとお辞儀をした表情は、ちょっぴり困り顔で、恥ずかしがっていたようにも見えました。ところが、ピアノの前に座り演奏を始めると、かっこいい。力強くて迫力のある演奏に感心しました。いとこのひいき目だろうな~と思っていたら、演奏後、ともだちも「うまいじゃん」、「すごいね」と言ってくれて、まるで自分が誉められたかのように、うれしくなってしまいました。「交響的変容」というのは、どうやら、交響曲をピアノ一本で表現するためにアレンジした、ということらしいです。

この日、伯母さんも来ていました。サチコの演奏初めてきけてよかったと伝えると、伯母さんは、「そ~う、よかった。サチコの演奏になるといつも私まで緊張して、わけわかんなくなっちゃうんよ」と笑っていました。母親ならではの、感情なんでしょう。

帰りに、ともだちとプレゼントを持って行きました。
本人としては、久々のソロで緊張しちゃった…、反省点が多いです、と言っていましたが、私からは花マル! です。ま、私は音楽素人&いとこのひいき目ですから。反省点は、次に活かして、ねっ。

これからも応援していこう。
そう思いながら、「また誘ってね」と声かけて会場をあとにしました。
外の風が、気持ちよく感じました。


けいこ♪
by KeikosDream-1515 | 2009-09-28 01:58 | 日記